• Svente

リトアニア語とミツバチの関係



今も残るミツバチに関する言葉 


リトアニア北西部の海岸沿いの小さな町シュヴェントイにある聖堂。ロムヴァと呼ばれるリトアニア人ネオ・ペイガン(自然崇拝などを主とする異教徒)によって建設され、その敷地内の装飾の根元にはある単語が彫られていました。

"Austėja"(アウステヤ)

その下には英語で"Bees"(ミツバチ)とも書かれていました。アウステヤはリトアニア神話に登場するミツバチの女神でリトアニア語では「叔母」を意味する単語でもあるのです。

リトアニアの文化にはミツバチが密接に関わっています。

リトアニア語には"人間の死"と"動物の死"を意味する単語が別々にあるのですが、ミツバチの死を意味する場合は人間の死を意味する単語が用いられ、リトアニア人がミツバチを他の動物と異なる位置付けをしていたことがわかります。

また、特に近しい友人を"bičiulis"(ビチュウリス)と呼んで友好の意思を示すことがありますが、これはミツバチを意味する"bitė"(ビテ)や"bičių"(ビチュウ)といった単語にルーツが見られます。

リトアニアではミツバチは人間と同じ仲間であるようにも感じられます。



ルーツはキリスト教以前、自然を信仰していた時代


筆者はこうしたリトアニア語とミツバチの関係に仮説を立てました。キリスト教の広がる前に多かった木々や自然を崇拝する異教徒である古代リトアニア人ペイガンがミツバチを信仰の対象として崇拝していたのではないか?


リトアニアには広大な異教徒文化が存在します。事実、リトアニアはヨーロッパで最後まで残った異教徒国家で、ローマ帝国によってキリスト教が広まった1000年後も古代から伝わる精霊や木々の神への信仰を続けていました。この分厚い精霊信仰の歴史がリトアニアの魅力の源だとも言えます。問題なのはキリスト教が伝わる以前にリトアニア人の信仰の対象を伝える文献が少なすぎること。


雷の神"Perkūnas"(ペルクーナス)はリトアニア神話の有名な登場人物ですが、神話は想像の世界に過ぎません。そこで"リトアニア語"がその歴史の隙間を埋める手がかりになるとは言えないでしょうか?



リトアニア語は現存する最古の言語の一つ


リトアニア語は現存する最古のインド・ヨーロッパ語だと言われています。

文法、ボキャブラリー、発音規則は何度も変わってきましたが極めてゆっくりとした時間をかけて変化してきたためその原型をとどめているのです。

そのためリトアニア語は4000年〜5000年前に話されていたただ一つの言語インド・ヨーロッパ祖語の研究に大きな役割を担っています。この言語が後に英語、アルメニア語、イタリア語、ベンガル語へと枝分かれすることになります。


"5"を表すインド・ヨーロッパ祖語"pénke"とリトアニア語の"penki"を見ればそのルーツは一目瞭然でしょう。フランスの有名な言語学者アントワーヌ・メイエは「インド・ヨーロッパ語を知りたければ、リトアニアの田舎の人々の会話を聞きなさい」とリトアニア語に言及しました。



ミツバチと共に信仰されてきたヘビにもリトアニア語との関係が、、、


"gyvatė"という単語は「ヘビ」という意味でその語源には「命」を意味する"gyvybė"があると言います。ヨーロッパヤマカガシと呼ばれるヘビは長くリトアニアの聖なる生き物で、繁栄と幸運の象徴として信仰の対象でした。

リトアニア語のルーツに関係の深いミツバチやヘビといった生き物がかつて信仰の対象であった事実は偶然の一致でしょうか?


ミツバチの女神アウステヤが本当に崇拝されていたかはともかく、その存在ははっきりと残されています。"アウステヤ"はリトアニアの女性名トップ10の常連。リトアニアの文化と言語の進化の中で"ミツバチ"が高い敬意を払われてきた証拠だといえるでしょう。


2018年3月20日

イギリスBBC By ウィル・モーフッド

引用元: "Are Lithuanians obsessed with bees?"

41回の閲覧
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトYouTubeのアイコン
0

Get to Know
Svente Better

Help

Follow Us

おトクなクーポンや最新情報をお届けします!

お酒は20歳になってから

Copyright ©️Svente LLC All rights reserved.

Svグラスロゴ_180透過.png