• Svente

「ゲディミナスの見た夢」

首都ヴィリニュス創設の伝説



14世紀頃のリトアニアはリトアニア大公国と呼ばれ、その君主であるゲディミナス大公は首都トラカイで国を治めていました。

ある日、ゲディミナス大公は狩りのため20kmほど離れた場所に出かけました。リトアニア最大の動物オーロックスを仕留めるなど狩りは無事成功し、喜びと疲れからその日はトラカイに戻らずシュヴェンタラギスの谷でキャンプをすることに決めました。その晩、彼はとても不思議なそれでいて極めて鮮明な夢を見るのです。

夢の中でゲディミナス大公は、大きな鉄のオオカミが丘の上に立っているのを見ました。そのオオカミの遠吠えは力強くまるで数百匹のオオカミが同時に吠えているようでした。翌朝、彼は祭司であるリズデイカのところへ行って助言を求めました。

リトアニアで最も優れた賢者であるリズデイカはこう告げました。「丘の上に立つ鉄のオオカミはまさにその場所に建つべき大都市の象徴であり、そのオオカミの力強い遠吠えは全世界がその首都の繁栄を知る日がやがて来ることを意味する。」

ゲディミナス大公はすぐにシュヴェンタラギスの谷に部下を送り城を建てるよう命じました。そしてその地に創られた都市をヴィリニュスと名付けリトアニアの新首都にしました。



ゲディミナス大公が夢で見たまさにその丘に建つゲディミナス城には今もなお多くの人が訪れ、ヴィリニュスの栄華を世界へと発信しています。

"Gediminas' dream"

Get to Know
Svente Better

Help

Follow Us

おトクなクーポンや最新情報をお届けします!

お酒は20歳になってから

Copyright ©️Svente LLC All rights reserved.

0